Face-washable

潤いを残す洗顔方法

肌にとって大切なのが潤いですが、健全な肌を維持する為の重要な存在であり、肌にいかに水分を残した洗顔をするかが大事です。
肌の水分を残しながら洗う洗顔方法としては、まずお湯の温度から気を配ることが大切です。
温度が高過ぎると水分と皮脂を奪い過ぎて乾燥に繋がりますので、人肌程度の温度で洗うようにした方が良いでしょう。
洗顔時に擦らないように洗うのも水分を維持する為のコツです。
肌を擦ってしまうと過剰に水分と皮脂が落ちてしまいますので、力を入れずに優しく洗うようにしなければいけません。
そして洗顔で大切なのがスピーディーに完了することです。
時間を掛ければ掛けるほど肌への負担になってしまいますので、30秒以内には完了させるように意識した方が良いとされています。
そして洗い終わった後は肌の水分量と皮脂量が減っておりダメージを受け易い状態に陥っていますので、速やかに化粧水などでスキンケアを行い乾燥させないように注意しましょう。

洗顔と潤いについて

洗顔をした後に肌がひどく乾燥するようであれば、それは洗浄成分の見直しをするか、洗い方に気を付ける必要があります。
洗浄成分が強い洗顔フォームなどは、汚れも落としますが、肌の潤いも落としやすくなります。
乾燥しているのはう奪われが落ちたのではなく、必要以上に皮脂や水分が流れてしまったことが考えられます。
その場合は、肌にとって優しい、石鹸を使うようにするもの一案です。
洗い方も見直しをしてみるといいです。
早く終わらせたくて、つい肌を強くこするように洗ってしまうと、肌のバリア機能にまでマイナスの影響を与えてしまいます。
顔の肌はデリケートで酢から、強い摩擦などには弱いです。
ダメージを受けてバリア機能が下がると、肌は乾燥を感じやすくなります。
顔は石鹸をよく泡立てて、泡の弾力を使って顔を洗うといいです。
そして、すすぎもしっかりと済ませて、肌は柔らかい清潔なタオルで拭くことです。
できるだけ早く、顔の保湿のお手入れに入りましょう。

recommend

神戸市で探偵依頼
http://www.horiuchichosa.com/

最終更新日:2017/4/14