Face-washable

敏感肌のための基本洗顔方法

敏感肌で、肌に刺激を与えると少しでも肌荒れを起こしてしまう人のための基本の洗顔方法を紹介します。
まず顔を洗うときのお湯はぬるま湯で、体温と同じくらいの温度が理想です。
顔を濡らしたら、低刺激の石鹸を十分にネットで泡立て、もこもこの泡の状態にします。
手は顔に一切つけないイメージで、泡だけで顔全体を包み込むように洗います。
少し時間をかけて、泡が肌に浸透するように鼻の脇などの丁寧に洗うことが重要なポイントです。
洗い流すときも決してこすらず、ぬるま湯で優しく泡を流していきます。
こめかみや顎下など、なかなか泡が落ちにくいところも綺麗に落とすまで少し時間をかけて丁寧に洗い流すことで、汚れがしっかり洗い落とすことができます。
洗顔が終わったら今度はタオルでふき取りますが、このときもこすることなく、肌をゆっくり押すような感覚で水分をタオルに染み込ませていきます。
水分がしっかりとれたら、肌が乾燥しやすくなるため、できるだけ早めに保湿することが大切です。

洗顔で敏感肌を治すには

敏感肌は体質だけで起こるものではありません。
肌ケアの方法が間違っていると、乾燥から敏感肌になることがあります。
洗顔をするときは、自分に合った洗浄力の石鹸を選ぶことです。
洗浄力が高すぎると、皮脂を過剰に取りすぎてしまいます。
洗顔後に突っ張る感覚がある場合、潤いが不足しています。
洗顔をするときは、熱すぎるお湯は避けたほうがいいです。
冷水は汚れが落ちにくいので、ぬるま湯程度で洗うのがベストです。
洗い終わったらよく水分を拭き取って、化粧水で十分に保水しましょう。
化粧水をケチって使うことが原因で、お肌が乾燥してしまう方は多いです。
化粧水はかなり多めに使用しないと、十分な保湿力は得られないのです。
ケチって長持ちさせる使い方は得策ではありません。
化粧水や美容液を使用したら、必ず乳液やクリームで潤いを閉じ込めましょう。
水分は蒸発しやすいので、油膜で保護する必要があります。
普通肌の方は乳液で油分を補給しますが、乾燥状態が激しい方はクリームも使用しましょう。

Favorite

イノシシ忌避剤を買う
http://ep-labo.com/out_ino/

Last update:2017/4/14