Face-washable

洗顔料を泡立てるにはネットを利用しよう

洗顔はただ洗えばよいというものではありません。
顔をゴシゴシこする洗顔は、肌に負担をかけてしまいます。
汚れを落とすためにゴシゴシ洗った方がよいように思われるかもしれませんが、石けんや洗顔料をよく泡立てて、その泡で優しく洗うような洗い方がちょうどよいそうです。
洗顔料の広告で見られるようなモコモコした泡をたてようと思ったら、手で擦るだけでは難しいです。
しかし、ネットを使用すれば意外と簡単にモコモコした泡を作ることができます。
この泡で優しく顔を洗うようにすると、肌へ刺激を与えることなく優しく洗い上げることができます。
しっかりと泡をたてて顔を洗うと気持ちがよいことに気づくでしょう。
朝はゆっくりと泡立てているひまもないでしょうが、朝はまだ顔がそれほど汚れていないので、ぬるま湯だけで顔を洗うのもよいと言われています。
しかし、ネットを利用したらそれほど時間をかけなくてもしっかりとした泡ができてきますので、利用してみてはいかがでしょうか。

洗顔の重要なポイント、泡立てのコツ

洗顔は生活の中で溜まった汚れを落とし、肌を健やかな状態に保つうえで欠かすことができないものです。
また肌の生まれ変わりを定期的なリズムで保つ上でも重要なことです。
ただし洗顔であればどんな方法でも良いと言うわけではありません。
顔の肌は、非常にデリケートです。
そこにフォームなどを直接、塗って、ごしごしと擦るような方法では、そもそも汚れは落ちませんし、肌にも多大な負担をかけることになり、しわやしみの発生原因にもなりかねません。
フォームやせっけんを使用している場合は、それを泡立てて使用することが大前提です。
そうすれば、顔を洗う指と肌の間で泡がクッションの役割を果たすため肌負担を避けることができ、また泡が汚れを吸着してくれます。
洗顔の際、どれくらいの泡を作ればよいのかと言うと、目安としては掌にこんもりとした量が望ましいと言われています。
そしてその掌を下に向けても、落ちてしまわないくらいの弾力がある泡が望ましいとも言われています。
掌をきれいにした状態でくぼみを作り、そこにフォームなどを約2センチ出して、水を加えながら泡立てるのが基本的な泡の作り方です。
また市販されている泡立てフォームを利用すれば、フォームでもせっけんでも、比較的上手に泡を作ることができます。
また最近では、泡で出てくるフォームも販売されていますから、それを利用しても便利です。

check

塾を大分市内で見つける

2018/8/24 更新